わかめの味噌汁を作っての悟り

ごはんandスイーツ

こんにちは!最近、お味噌汁を作るならワカメ~!の新婚Maiです☆(何)




味噌汁を作っていて、人間って素晴らしいなと感嘆したので書いております。

しかし、上の画像はくもった眼鏡の写真というね(笑)後ほど関係してきます!




念のため、わかめの味噌汁を作る工程を記載しますと、(わかめ中心φ(..))

①乾燥わかめを水に戻す(塩分を抜く為)
②ふやけたわかめを取り出し、その間に沸かして置いただし汁に移す
③味噌を溶かし入れて完成!

はい(^O^)/たったの3工程!笑




そして、感嘆ポイントはですね、どこかと言うと。

水でふやかしたワカメを手ですくう時です☆

「おい、どこがやねん!」って感じでしょうか。




ワカメをすくう時にザルを使っている方もいるかと思いますが、私は手を使っちゃいます。

ヒョイってワカメを持ち上げて、そのままお鍋に投入( ˆoˆ )/




その時、新婚Maiは「手」に目が止まりました。(何)



 

「手」よ…

キミってヤツは何て素晴らしいんだ。

時にワカメをすくい、

時に鍋の取手をにぎり、

時に鍋をかかえ、

時にホコリを払う。(何)

手へんが付く漢字、調べてみたけど、それだけ多くの事ができるんだなぁ。

万能な人の「手」を創造された神様に栄光を帰します‼︎

(新婚Mai即興の詩)




それと併せて、人間の「目」も凄いと思う事がありました。

それはですね、熱いお茶を飲んでる時に思いました。

その時、私は眼鏡をかけていたのですが、くもるくもる‼︎うっとおしくなって、眼鏡を外すと…くもらな〜い!当たり前ですね(^^;;




でも、その当たり前にその時感動しました。

人間の目ってよく作られているなと。

なぜかと言うと、涙の膜で表面が元々水分で覆われているからですね!




他にも、空気中の異物で目が傷付くのを防いだり、万が一異物が入った時は涙で流せるように作られているそうです。(fromネット調べ)




凄いなぁ〜。

手も凄いし、目も凄い。身体のどの肢体も凄い。






鄭明析(チョンミョンソク)牧師は、人間の構造について教えて下さいました。

神様は人間(の肉体の構造)を完璧に作られたそうです。つまり、人間の各肢体は全て完全だということですね。



「あなたがたはキリストのからだであり、ひとりびとりはその肢体である。」という聖句があります。(コリント人への第一の手紙第12章27節)



私達はそれぞれ肢体のような存在だとイエス様はおっしゃいました。たとえ話です。



という事は、目のような人もいれば口のような人。

それだけじゃなくて、身体の内部には骨や内臓もありますから、そのような人もいるってことですね。



そして、どの肢体も互いに「いらない」とは言えない。また、どこか一つの肢体が悩めば、ほかの肢体もみな共に悩むとあります。



たしかに、小指をぶつけただけでももだえ苦しみますよね…(たとえがつたないですが苦笑)



これらの話を通して、なにが言いたかったというと、



各肢体は私が詩を作っちゃうほど(笑)素晴らしく、神様が完全に作られました。

そのように、各肢体のような私達一人ひとりも神様が完全に作られているから、本当に素晴らしい存在だということです!



しかも、人間のために宇宙、地球、万物すべてが作られていますからねぇ(学びfrom鄭明析牧師)。



美しく神秘的で雄大な、神様が作られた宇宙、地球、万物。

それが人間のためとあれば、神様は人間をどれだけ素晴らしく作られたでしょうか。ほんとあっぱれです!



神様の傑作品の皆さん、そして私、素晴らしい!!!✌(‘ω’✌ )三✌(‘ω’)✌三( ✌’ω’)✌



その上で、牧師は「自分を最高の作品、人生の野心作に作りなさい。」とおっしゃいました。(※野心作とは牧師の故郷にある岩の造形です。)



考え、心、精神(霊も)をもっと神様が願われるように作って、神様の傑作品に自分自身を磨いていきましょ~(^▽^)/♪

タイトルとURLをコピーしました